リウマチ患者さんのための○○しない調理の工夫

「調理」には細かい動作がたくさんあります。料理をする上で関節に負担がかけない工夫をコラムでご紹介します。

便利な調理グッズ活用アイデア

便利な調理グッズ活用アイデア

便利な調理グッズ活用アイデア

手指の関節への負担を軽減するためにも、便利な調理グッズを上手に活用すると良いでしょう。メニューや食材に合わせた電子レンジ調理専用容器などおすすめのグッズをご紹介します。

詳細はこちら

包丁を使わない工夫2

包丁を使わない工夫2

包丁を使わない工夫2

包丁を使うときは、片方の手で包丁をしっかりと握り、もう片方の手で食材を押さえる必要があり、手指の関節に痛みやこわばりがあると作業がしにくい場合があります。そんなときに役立つ包丁を使わない調理アイデアをご紹介します。

詳細はこちら

調理器具の工夫

調理器具の工夫

調理器具の工夫

料理は調理器具や調理方法のちょっとした工夫で、ぐんと手間を減らし、作業がしやすくなります。何気なく使用している調理器具の代用アイデアや調理器具を使わないアイデアをお伝えします。

詳細はこちら

洗い物を減らす調理器具の工夫

洗い物を減らす調理器具の工夫

洗い物を減らす調理器具の工夫

関節リウマチ患者さんにとってはまな板やボウル、たくさんの食器を洗うのも大変です。
他の道具を活用することで洗い物を減らす工夫をご紹介します。

詳細はこちら

洗い物が少ないメニューの工夫

洗い物が少ないメニューの工夫

洗い物が少ないメニューの工夫

メニューによって使用する調理器具や食器、カトラリーの種類や数量が異なります。洗い物が少なく済む料理メニューをご紹介します。

詳細はこちら

洗い物するときの工夫

洗い物するときの工夫

洗い物するときの工夫

関節リウマチ患者さんにとって、長時間立ち続けたり、手指を使う洗い物の作業は関節に負担がかかります。道具を活用したり、汚れを落としやすくするなど洗い物の負担を軽減する工夫をご紹介します。

詳細はこちら

食材の工夫 冷凍食材編

食材の工夫 冷凍食材編

食材の工夫 冷凍食材編

体調が優れない時でも、電子レンジで温めるだけ、焼くだけの食材を常備しておけば安心です。味落ちの少ない冷凍方法やおすすめのおかずについてご紹介します。

詳細はこちら

食材の工夫 保存食材編

食材の工夫 保存食材編

食材の工夫 保存食材編

関節の痛みが強く買い物にいくのが困難な時でも家に食材がストックしてあれば安心です。ストックしておくと便利な食材を調理アイデアとともに紹介します。

詳細はこちら

買い物するときの工夫

買い物するときの工夫

買い物するときの工夫

重いものを手に持ったり、長い距離の歩行が必要な買い物は、関節に負担がかかることが少なくありません。商品選びや便利なサービスの利用など買い物をするときの工夫をご紹介します。

詳細はこちら

食事のあとの片付けの工夫

食事のあとの片付けの工夫

食事のあとの片付けの工夫

食事は料理を作って食べて、最後に片付けが残っています。食事の片付けをする際の関節を保護する工夫や関節に負担をかけない動作をご紹介します。

詳細はこちら

料理の盛り付けの工夫

料理の盛り付けの工夫

料理の盛り付けの工夫

料理に欠かせないポイントが見栄え。上手に盛り付けができるとそれだけで豪華に、おいしく見せられるものです。ここでは、関節に負担をかけない上手な盛り付け方をご紹介します。

詳細はこちら

食器の工夫

食器の工夫

食器の工夫

食器を工夫するだけで、簡単な料理も華やかに演出することができますが、関節リウマチ患者さんにとっては、運びやすく食べやすい食器も大切です。

詳細はこちら

混ぜるときの工夫

混ぜるときの工夫

混ぜるときの工夫

「混ぜる」は料理を作る中で度々登場する工程です。「混ぜる」工程は意外と力が必要で、関節に痛みや腫れなどがあるときはしっかり混ぜることがつらいことも。そこで、少ない力でも上手に混ぜる方法をご紹介します。

詳細はこちら

フライパンを使うときの工夫

フライパンを使うときの工夫

フライパンを使うときの工夫

料理をするときに欠かせない調理器具のひとつであるフライパンですが、リウマチ患者さんのなかには、「料理の入ったフライパンを持つ」など重いものを持つことに不便さを感じる方もいらっしゃいます。そこで、フライパンを調理に使う際に関節に負担をかけない上手な使い方をご紹介します。

詳細はこちら

お鍋を使うときの工夫

お鍋を使うときの工夫

お鍋を使うときの工夫

鍋を使って料理をする際、リウマチ患者さんはその「重さ」で関節に負担がかかることが少なくありません。そこで、鍋を調理に使う際に関節に負担をかけない上手な使い方をご紹介します。

詳細はこちら

包丁を使わない工夫

包丁を使わない工夫

包丁を使わない工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあると、包丁をしっかり握って「切る」という動作がつらくなります。しっかり握れないまま包丁を使うと落としやすく危険です。そんなときには「包丁を使わない」という発想もあります。

詳細はこちら

包丁を使うときの工夫

包丁を使うときの工夫

包丁を使うときの工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあると、包丁をしっかり握れなくなることがあります。包丁を安全に使うための工夫をご紹介します。

詳細はこちら

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあり、包丁をしっかりと握るのがつらいとき、まな板の上で包丁を使って「切る」工程は大変危険です。そんなときに便利なキッチン用品がキッチンばさみです。

詳細はこちら

缶詰を開けるための工夫

缶詰を開けるための工夫

缶詰を開けるための工夫

「イージーオープン缶」と呼ばれるプルタブ式の缶詰を開けるのも、関節の動きが悪い方にとってはひと苦労です。手や指の関節に負担をかけない缶詰の開け方をご紹介します。

詳細はこちら

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

ペットボトルのような口が小さくて固く閉まる容器を開ける動作は、手指の関節に大きな負担がかかります。リウマチ患者さんの多くが困っている、瓶やペットボトルのふたの開閉の工夫をご紹介します。

詳細はこちら

袋詰めの封を開ける工夫

袋詰めの封を開ける工夫

袋詰めの封を開ける工夫

袋を開ける動作は、指でつまむ強い力が必要です。これはリウマチ患者さんにとっては指の関節に負担がかかる動作です。袋詰めの封を開ける工夫をご紹介します。

詳細はこちら

2022年8月作成 ENB46M017A

リウマチ患者さんのためのおいしいレシピ集

こちらもご覧ください

リウマチ、関節リウマチに関する
健康情報をご案内しています。

相談できる病院検索