リウマチ患者さんのための○○しない調理の工夫

「調理」には細かい動作がたくさんあります。料理をする上で関節に負担がかけない工夫をコラムでご紹介します。

包丁を使わない工夫

包丁を使わない工夫

包丁を使わない工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあると、包丁をしっかり握って「切る」という動作がつらくなります。しっかり握れないまま包丁を使うと落としやすく危険です。そんなときには「包丁を使わない」という発想もあります。

詳細はこちら

包丁を使うときの工夫

包丁を使うときの工夫

包丁を使うときの工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあると、包丁をしっかり握れなくなることがあります。包丁を安全に使うための工夫をご紹介します。

詳細はこちら

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

キッチンばさみを料理に使うときの工夫

手や指の関節の痛みやこわばりがあり、包丁をしっかりと握るのがつらいとき、まな板の上で包丁を使って「切る」工程は大変危険です。そんなときに便利なキッチン用品がキッチンばさみです。

詳細はこちら

缶詰を開けるための工夫

缶詰を開けるための工夫

缶詰を開けるための工夫

「イージーオープン缶」と呼ばれるプルタブ式の缶詰を開けるのも、関節の動きが悪い方にとってはひと苦労です。手や指の関節に負担をかけない缶詰の開け方をご紹介します。

詳細はこちら

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

瓶やペットボトルの蓋を開けるための工夫

ペットボトルのような口が小さくて固く閉まる容器を開ける動作は、手指の関節に大きな負担がかかります。リウマチ患者さんの多くが困っている、瓶やペットボトルのふたの開閉の工夫をご紹介します。

詳細はこちら

袋詰めの封を開ける工夫

袋詰めの封を開ける工夫

袋詰めの封を開ける工夫

袋を開ける動作は、指でつまむ強い力が必要です。これはリウマチ患者さんにとっては指の関節に負担がかかる動作です。袋詰めの封を開ける工夫をご紹介します。

詳細はこちら
リウマチ患者さんのためのおいしいレシピ集

こちらもご覧ください

リウマチ、関節リウマチに関する
健康情報をご案内しています。

相談できる病院検索