関節リウマチを知る

関節リウマチとは?

監修:行岡病院 骨関節センター長
 越智 隆弘先生

どんな病気?

関節に炎症が続いて徐々に破壊されていき、やがては変形したり固まったりしてうまく動かなくなってしまう病気が「関節リウマチ」です。

昔は、「関節リウマチにかかると寝たきりになる」と思われていました。
今では医学が発達して、早くから適切な治療を行えば、病気の進行を抑えて関節の機能を保ち今までどおりの生活を続けることも見込めます。しかし、副作用などで適切な治療薬を使えず関節障害が進んでいくこともありますので従来からのいろいろな治療法を知っておくことは必要です。

関節リウマチ=高齢者の病気ではありません

関節リウマチの国内における患者数は約60万人ともいわれ、決して珍しい病気ではありません1)

関節リウマチは女性に多い病気です(男性の3~5倍)2)。どの年代でも発症する病気ですが、女性での発症は10歳代から20、30歳代と増加しピークは40〜50歳代にあります。70歳代になってから発症する方は大きく減少します。男性では、30歳代から増加し、50歳代をピークに発症します。日本人の関節リウマチ発症は欧米に比べて半分以下ともいわれています。

60歳代以上の高齢者が発症する「高齢発症関節リウマチ」の場合は、男女の発症率に差はありません。また、15歳未満で発症する場合もあり、これは「若年性特発性関節炎」 と呼ばれています。



1)松田 剛正:“Ⅰ.総論” 関節リウマチのトータルマネジメント 公益財団 日本リウマチ財団監修 1 医歯薬出版:1, 2011

2)松田 剛正:“3 関節リウマチは誰に起こりやすいか?” よくわかる関節リウマチのすべて 宮坂 信之編 1 永井書店:17, 2009