MENU
監修:行岡病院 骨関節センター長 越智隆弘先生

病気と治療 —治療法—

NSAIDとは?

NSAIDは非ステロイド性消炎鎮痛薬の略称で、痛みと炎症を抑えることができ、速効性のあるお薬です。

詳細解説

関節機能の低下を抑えるために、抗リウマチ薬(DMARD)や、生物学的製剤、JAK阻害剤という種類のお薬が使用されますが、これらのお薬を服用しても腫れや痛みが残ってしまう場合には非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)を用います。
関節リウマチの患者さんでは痛みが長く続くので、NSAIDを長期間服用する場合が多くなります。この際、もっとも多い副作用である胃腸障害、とくに胃・十二指腸潰瘍(NSAID潰瘍)に注意する必要があります。これは口から飲まずに坐薬を用いても起きます。胃腸障害を起こさない剤形上の工夫も進められましたが、やはり胃腸障害は大きな問題として残っています。少し古いデータですが、日本リウマチ財団が1991年に行った調査があります。NSAIDを服用している患者さんを胃カメラで調べると、62%の方に胃腸障害を認め、そのうち55%の方は自分自身では何の自覚症状もないということでした。このことから、NSAIDを使いすぎないように警告されました。なお最近では、胃腸障害の少ない新しいタイプのNSAIDも使われ始めています。

副腎皮質ステロイドとは?

副腎皮質ステロイドは少量で強力に炎症を抑えることができるお薬です。

詳細解説

関節リウマチの経過中の強い炎症がおこった時に副腎皮質ステロイドを用います。 副腎皮質ステロイドは優れた抗炎症作用があるため、強い炎症が劇的に改善する場合がありますが、すぐにやめると症状が再発することがあります。したがって、副腎皮質ステロイドをやめる場合には徐々に量を減らしていく必要があります。投与量の調整が難しいお薬ですので、必ず医師の指示にしたがって服用してください。

ページトップ