診察を受ける

関節リウマチと診断するための基準

監修:慶應義塾大学医学部
リウマチ・膠原病内科
講師 金子 祐子先生

関節リウマチは、下記の基準を用いることで早期の診断と治療の開始が可能になりました。

2010年米国リウマチ学会/ヨーロッパリウマチ学会による関節リウマチの分類基準

関節の腫れや炎症があり、その炎症が他の病気で説明がつかないときに以下のスコアを用いて、A~Dの各群の合計が6点以上で関節リウマチと診断します。この基準はリウマチを専門とする医師が使うためのものですので、医療機関を受診することが重要です。

A. 腫れていたり、押すと痛い関節の数
大きな関節 1ヵ所以下 0点
大きな関節 2~10ヵ所 1点
小さな関節 1~3ヵ所 2点
小さな関節 4~10ヵ所 3点
1ヵ所以上の小さな関節を含む関節 11ヵ所以上 5点
B. 血液検査
リウマトイド因子、抗CCP抗体がいずれも陰性 0点
どちらかが陽性で、基準値の3倍以下 2点
どちらかが陽性で、基準値の3倍より大きい 3点
C. 急性炎症反応
CRPと赤沈がともに正常 0点
CRPまたは赤沈が異常値 1点
D. 滑膜炎の期間
6週未満 0点
6週以上 1点
  • 大きな関節:足、ひざ、ひじ、肩、股関節
  • 小さな関節:手や足の指、手関節