関節リウマチを知る

主な症状と日常生活

監修:行岡病院 骨関節センター長
 越智 隆弘先生

関節の腫れと痛み

関節リウマチの特徴的な症状は「関節の腫れや痛み」で、左右対称に出ることが多いようです。

朝起きたとき、手足がこわばって動かしづらくなったりもします。
また、だるくなったり疲れやすくなったりと、関節以外に症状が出ることもあります。
近年、関節リウマチは発症から2年以内に急速に症状が進むとわかってきました。
できるだけ早く発見してすぐに治療を始めることが、重症化を抑えて運動機能を保つ上で非常に重要です。

関節リウマチの主な症状 関節の痛みや腫れ だるい・疲れやすい こわばり