治療をはじめる

副腎皮質ステロイド

監修:行岡病院 骨関節センター長
 越智 隆弘先生

副腎皮質ステロイドは少量で強力に炎症や痛みを抑えることができるお薬です。

強い炎症が起こったときに副腎皮質ステロイドを用います。
副腎皮質ステロイドは優れた抗炎症作用があるため、強い炎症が劇的に改善する場合がありますが、すぐにやめると症状が再発することがあります。
しかし、使う期間が長かったり、量が多かったりすると重い副作用があらわれることもあります。
また、副腎皮質ステロイドをやめる場合には徐々に量を減らしていく必要があります。
投与量の調整が難しいお薬ですので、必ず医師の指示に従って服用してください。