リウマチ患者さんのためのおいしいレシピ集

リウマチ患者さんのための ○○しないレシピ

「関節リウマチかも」と思ったら、何科にいく?

包丁を使わない、調味料を計る必要 がない、火を使わない、など関節に 優しい調理方法のレシピを集めました。

リウマチ患者さんのための ○○しない調理の工夫

検査項目の解説

「調理」には細かい動作がたくさんあります。料理をする上で関節に負担がかけない工夫をコラムでご紹介します。

監修の先生からのメッセージ

監修の先生からのメッセージ

三重大学医学部附属病院
リウマチ・膠原病センター
教授 中島亜矢子先生

関節リウマチは長くつきあっていく病気ですが、その症状によって日常生活に不便さを感じる方も少なくはありません。
リウマチ患者さんの食事は、栄養のバランスも大切ですが、ご自身が料理をされる場合には調理そのものに多数のハードルやストレスが潜んでいます。そこで「包丁を使わない」「調味料を計らない」など、リウマチ患者さんの負担を極力軽減した調理方法でできる「○○しないレシピ」や調理の工夫をご紹介し、患者さんの「食べたい」だけではなく、「自分でできる」を応援します。



こちらもご覧ください

リウマチ、関節リウマチに関する
健康情報をご案内しています。

相談できる病院検索