治療をはじめる

薬物治療

監修:行岡病院 骨関節センター長
 越智 隆弘先生

関節の炎症を抑えるためには、主にお薬で治療を行います。

  • ・疾患修飾性抗リウマチ薬(DMARD)
  • ・生物学的製剤
  • ・JAK(ジャック)阻害剤

また、痛みや腫れを抑えるお薬を一緒に使用する場合もあります。

  • ・非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)
  • ・副腎皮質ホルモン薬(ステロイド)

使用するお薬の決め方

お薬の種類と投与目的

非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAID)や副腎皮質ステロイドは痛みや炎症を抑えることには優れていますが、関節破壊を抑えることができません。
患者さんの毎日の生活の質(QOL)の改善のために使われます。

DMARD、生物学的製剤、JAK阻害剤は、関節炎を鎮静化させて関節破壊を抑えるので、患者さんの今後の生活(予後)を改善していくために使われます。