関節リウマチを知る

日常生活はどうなる?

監修:行岡病院 骨関節センター長
 越智 隆弘先生

日常生活はどうなる?

関節リウマチになると、

  • ・重いものを運ぶ
  • ・長時間歩く
  • ・階段の上り下り

などの動作がつらく感じられることもあります。

早期の症状として

  • ・朝、手足がこわばっている
  • ・手に力が入りにくく、ふきんや雑巾を絞りにくい
  • ・畳や床を歩くときに足裏が痛い

などで、つらく感じられることもあります。

また、例えば梅雨の時期や冷房の強い部屋などでは調子が悪くなるかもしれません。

こういった点を周囲の方々に話して関節リウマチの病状を理解してもらうことが、健康な人と同じような生活を送る上で大切です。

妊娠を希望される場合と子育てに関する注意点

男性でも女性でも、妊娠を希望されるときは、必ず主治医にご相談ください。

胎児への影響や、その時々の状況や体調の変化に応じて治療法が変わるため、主治医と協力しながら進めていくことが重要です。

今まで服用していた強めのお薬を、胎児への影響が少ないお薬などに置き換えて症状を安定させてから妊娠ということになります。
妊娠中に使ってはいけないものもあるためお薬を変えたり、体調に応じてお薬の量を減らしたりします。
妊娠が進めば胎盤からのホルモンにより、関節リウマチの症状は軽くなり生活の支障が少なくなることがあります。
分娩後数ヵ月でまた関節リウマチの症状が出ることもありますが、その兆候が始まれば母乳を人工乳に変えて、強めのお薬による治療を再開することになります。